電子楽器を用いた、絵画的且つイレギュラーなサウンドで、楽曲を歪めるのが最も得意とするところ。

シンセのツマミをこよなく愛し、外角低めで絶妙にスライドして行くクセ球クリエイター。

合体ロボ的発想で、あらゆるカテゴライズからハミ出して行くのが目標。



…風景とテクノロジーとロックンロール。一見無関係な要素が遠くでつながっている感覚。これが私の音楽を創るフィールドであり、源泉でもあります。

冒険と停滞。美しすぎるものへの憧れと嫌悪。誠実でありたいと思う野心。

矛盾の中で生まれる微妙な調和が、新しい世界を創り出すのだと信じています。

音楽という旅の未来は、まだまだ続いているのです。

1999年 本田 海月


miyo
Back

About TOP
TOP

-Link Free.
(C)空夜coo:ya All Rights Reserved.